カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS お互い様です

<<   作成日時 : 2009/08/28 09:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 8月27日の拙稿「今更保守を訴えるな」において、自民党のチラシ『知ってドッキリ民主党 これが本性だ!!(以下略)』を批判したが、今回は前回取り上げた第3章の前半を取り上げる。

「対等な日米関係」の罠

《民主党マニフェスト(抜粋)》
51.緊密で対等な日米関係を築く
○日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。

ここがコワイ!!(管理人注・チラシでは矢印の中に書かれている)

民主党は日教組などの労働組合の意を受け、米軍の再編や在日米軍の見直しを主張しています。
ご存知のとおり、隣国、北朝鮮は核実験やミサイル発射を繰り返し、中国やロシアは軍備の拡大を図っています。また、資源や領土をめぐる周辺国との間に問題もあります。そのような中で、安易に米軍による抑止力を低下させ、わが国の防衛力を後退させるなど、常軌を逸しているとしか思えません。日教組の偏った考えの言いなりになって、国民の生命、財産、領土、資源を危険にさらす思想であることに、民主党は気づかないのでしょうか。国を売っても政権をとるということでしょうか。

コレが民主党の本性だ!

民主党が向き合っているのは、われわれ日本人ではありません。民主党政権が実現すれば「日本」や「日本人」が消滅の危機に直面してしまうに違いありません。

 これを読んだ最初の感想は、「自民党も国を売っただろう?」、「『日本』や『日本人』を消滅させたのも自民党だろう?」、である。まあ、お互い様といったところか。
 いまだ村山談話や河野談話を踏襲しておいて、「国を売っても」、とはどういうことか。中国における遺棄兵器の問題や、米国における慰安婦決議などでまともな反論をせず、自民党こそ、ずっと国を売り続けているではないか。
 「民主党が向き合っているのは、われわれ日本人ではありません」というが、小泉政権時代、小泉元首相が向き合っていたのは日本であったとは思えない。米国に向いていたであろう。「構造改革」によって、「国民の生命、財産」を「危険にさら」しておいて何を言うのか。麻生首相が見直しを進めようとしたのは、せめてもの救いであったが、マスコミや野党から批判の嵐を浴びた。マスコミや野党は国を売ることを望んでいるのだろうか。
 昨日もこのチラシを批判したが、ここまで来ると哀れみさえ感じるほどである。民主党の政権奪取のための執念には異常なほどの狂気を感じるが、自民党の政権維持のための執念にも狂気を感じる。
 保守を訴えるのならば、なぜ靖国神社に参拝しないのか、なぜ村山談話を「踏襲」したのか。なぜ田母神元航空幕僚長を守ろうとしなかったのか。今更保守を訴えてももう遅い。口先だけの保守では誰も共感しない。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自民党ネットCMは意外と人気がある!?
ランキングに8月31日までいらっしゃるkimekime25さんが、自民党のネットCMを紹介されていたので、私も、kimekime25さんに負けないよう後方支援をしたいと思います。kimekime25さん、ありがとう! ...続きを見る
憂国、喝!
2009/08/30 00:01
古い上衣
&amp;nbsp; 後は、もし民主党になったばあい抵抗する高級官僚をどう、撃破して使いこなすかですよね。あの人たちは、国が豊かになる事なんか考えてなく、どうやって国のお金を浪費するかを考えてるような気がします。 | ちぎ | 2009/08/29 2:34 AM | 彌縫策(びほうさく)とは一時凌ぎのことですが、日本はこの二十年を彌縫策の連続によってしのいできた感があります。民、官、政いずれの世界も不祥事の隠蔽、捏造、弱者層の犠牲という彌縫策でもって問題解決を先送りにして今日に至ってい... ...続きを見る
木霊の宿る町
2009/08/30 03:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お互い様です カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる