カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 許される言論と許されない言論

<<   作成日時 : 2009/09/24 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『しんぶん赤旗』9月24日に、「よみがえる「禁演落語」 戦時中に封印 「心に留めてほしい」
立川談之助さん 全席公演へ」
という記事がある。
 戦争中、軍部の圧力下で封印された「禁演落語」がありました。「こんな時代があったことを心に留めてほしい」。立川談之助さんが、封印53演目の全席公演を決意。26日、スタートします。


--------------------------------------------------------------------------------

 東京・台東区の本法寺。境内に3メートル余の石碑があります。「はなし塚」です。建立は太平洋戦争開戦直前の1941(昭和16)年10月。当時の講談落語協会や寄席関係者が、廓噺(くるわばなし)や妾(めかけ)・間男物など「時局にふさわしくない」53演目を選定、目録を塚の下に埋めました。

寄席も臨検
 芸術、芸能への軍部の圧力が強まり、寄席にも官憲の「臨検席」ができていました。芝居や映画は事前検閲できるけれど「なまの芸」の落語は何が飛び出すのかわからない。いっそ全面禁止にという事態に直面して「自主規制」の形で先手を打ったものらしい。

 封印作には、明烏(あけがらす)、品川心中、三枚起請など名作も多い。「こんなネタまで禁止とは、恐ろしい時代だと思う」と談之助さん。封印の日、塚の前で僧侶と神職による「葬式」をしました。談之助さんはこれを「落語家特有の皮肉で当局への反発」と見ます。

 封印作には、当時すでに「博物館入り」していた白銅やつづら間男、廓大学など今では誰もやらないものもあります。速記本や録音テープを探し出して発掘。「現代にも通じる形で再現してみたい」と言います。

平和でこそ
 数年前から、戦争を語り継ぐ会などで「禁演落語」を紹介。話題になり、全国各地の「9条の会」などで口演するうちに、今回の企画が生まれました。「3年をめどにゴールしたいし、落語のよさをもっと知ってほしい」と意欲を見せます。

 53演目は46年に封印を解かれましたが、実はその後、第2次「禁演落語」がありました。民族芸能を守る会の茨木俊事務局長によると、47年、GHQの指令で仇(あだ)討ちや武士道礼賛物20演目が追放されました。「埋めたり掘ったり忙しいことだが、3度目があってはならない」と茨木さん。「平和であってこその落語です」と、今回の企画に期待を寄せています。


 第1回禁演落語を聞く会は26日午後2時、東京・中野区のなかの芸能小劇場で。談之助さんと立川吉幸さんが出演。活弁の坂本頼光さんがゲストで当時の「国策映画」を紹介します。当日1500円、予約1200円。問い合わせ03(6316)5752。


 それぞれの団体には許される言論と許されない言論がある。『しんぶん赤旗』、すなわち日本共産党を例に挙げれば、反戦平和や反米、反核などのための言論は何でも許される言論であるが、筆坂秀世氏についてや「スパイリンチ事件」などは許されない言論である。
 田母神俊雄氏のような、「日本はいい国である」とか、「日本は侵略国家ではない」という言論は絶対に許されない言論である。そして、この言論領域においては、「言論の自由」という言葉は存在しない。「護憲」という言葉が泣く。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ


日本共産党 (新潮新書)
新潮社
筆坂 秀世

ユーザレビュー:
共産党の内幕 共産党 ...
日本共産党についての ...
「日本共産党」と「共 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
許される言論と許されない言論 カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる