カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育とは競争である

<<   作成日時 : 2009/10/16 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 『産経新聞』10月16日に、「【主張】学力テスト縮小 不安な日教組寄りの転換」という記事がある。
 川端達夫文部科学相は来年度から全員参加の全国学力テストをやめ、抽出方式にすることを決めた。復活してまだ3年目で、成績上位の自治体、学校に学ぶなど効果が出始めたばかりだ。廃止は早計である。

 代わりに教科や対象学年を広げるというが、抽出方式の学力調査はこれまでも行われている。専門家も指摘するように抽出方式では参加しない学校、児童生徒は課題が分からず、意欲も削(そ)がれる。学力向上策として不十分だ。

 全国学力テストは昭和30年代に日本教職員組合(日教組)が、教師の勤務評定とともに激しい反対運動を展開し、中止された。このときも抽出方式に縮小され、全国レベルで自分の成績を把握する手段がなくなった。失敗を繰り返してはならない。

 ゆとり教育で学力低下が批判され、自治体独自に学力テストを行うケースが増えていた。首長の中からも全国学力テスト存続を求める要望が出ている。

 川端文科相は抽出方式にする理由として「成績を上げることだけを競争するやり方には意味がない」とも言った。学力向上に競争は必要で、この発言も疑問だ。

 先ごろ、鳥取地裁は市町村・学校別成績の開示を認めた判決で「序列化などの問題は生じておらず、開示しても過度な競争の恐れは乏しい」と判断した。

 政府の規制改革会議の調査では、保護者の約7割が学校別の成績公表を望んでいる。過度の競争が起こるというのは杞憂(きゆう)で、成績が悪いと批判されるのを恐れる教師や学校の言い訳にすぎないのではないか。全国学力テスト復活後、秋田と沖縄の教員交流が始まり、大阪では知事の号令によって学力向上に取り組んでいる。こうした競争を歓迎したい。

 民主党政権の教育施策は、ほかにも教員免許更新制を廃止するなど日教組の主張に沿ったものになりつつある。競争や評価を嫌うのは教育改革の妨げだ。

 教師にはいま、子供の意欲を引き出す豊かな人間性や洞察力が求められている。10年ごとの免許更新制は独りよがりの授業をしていないか、ベテラン教師も指導法を見直す機会として有効だ。

 教員養成課程6年制については、教育関係者からも反対がある。大学院を無駄に増やし、頭でっかちの教師ばかりつくることになるのではないか。

 私は教育には競争が必要であると考える。受験生時代、何度も模試を受けたが、やはり成績が上がるのは嬉しかった。模試の傾向と志望校の傾向が一致していたわけではないが、やはり成績が上がるのは嬉しかったものである。例え成績が悪かったとしても、それを反省し、次につなげようとしたものである。
 文科相は「成績を上げることだけを競争するやり方には意味がない」と言ったが、競争せずにどうやって学力を上げるのか。私の場合、偏差値や全国順位、あるいは志望大学の志望者順位との競争であったが、別に周りの友人でも何ら問題はない。負けた悔しさをバネにし、次は負けないよう努力するのである。
 成績が悪いとやる気を無くすと言うのは言い訳に過ぎない。そう言って逃げる人たちは今までにどのくらい勉強してきたのだろうか。恐らくあまり勉強していないだろう。それなりに勉強しているにもかかわらず成績がいまいちならば、方法に問題があると考える。成績のいい人のやり方、あるいは勉強法の本を見るなどして自分の勉強法を見直してみると良い。
 入学試験、入社試験などはすべて競争である。競争から逃げていては何も出来ない。教育に競争は要らないという人たちもすべて競争を勝ち抜いた人たちである。そのような連中の甘言に乗せられてはならない。悲劇が待ち受けているだけである。
 
よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本解体 反対請願受付 【常時 TOP PAGE】
※ このページ(記事)は、10月27日まで、常に記事のトップなるように設定しています。   したがって当分の間、新着記事はトップ画面にて、当記事の下にアップされます。 ...続きを見る
風林火山
2009/10/16 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育とは競争である カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる