カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 広告塔という「覚醒剤」

<<   作成日時 : 2009/11/10 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『産経新聞』11月9日に、「【酒井法子 判決】介護学校が争奪戦?」という記事がある。
 覚せい剤取締法違反の罪で執行猶予判決を受けた元女優、酒井法子被告(38)は、介護の道に進むことを明らかにしている。入学が実現すれば“広告塔”になる可能性もあり、学生不足に悩む介護学校は興味津々だ。26日の初公判で介護士に転身する意向を明らかにした酒井被告だが、決意を促したのが前所属事務所「サンミュージック」の相澤正久副社長(60)であることが明らかになっている。初公判後、その相澤副社長のもとに、介護学校から“オファー”が殺到したという。

 サンミュージック広報によると、相澤副社長あてに、介護学校から入学案内などの資料が十数通届いているという。背景には、介護業界が直面している深刻な人材難がありそうだ。

 日本介護福祉士養成施設協会によると、現在、介護系の大学・専門学校・短大は全国に422校。そのほとんどが深刻な生徒不足に悩んでいる。「介護の仕事はきつい、というイメージが浸透しており、業界自体に人気がない。就職状況が厳しい現在でも介護業界の志望者は極端に少ない」(同会事務局)という。

 そうしたなかで酒井被告が介護福祉士を目指すと公言したことについて、同会事務局は「たとえ事件を起こした人物でも、有名人であることには違いない。宣伝効果が期待できる面は大いにある」と語る。

 相澤副社長によると、東京近郊にキャンパスを持ち、通信制で学べる点などを考慮し、日本福祉大(愛知県)や東北福祉大(宮城県)、創造学園大(群馬県)などが候補としてあがっているという。ただ、3校の反応はさまざまだ。

 「候補にあがったというのもインターネットで知ったぐらい」と戸惑い気味なのは日本福祉大。広報担当者によると、報道で名前が出た直後、一般人から「願書を送ったのか」との批判めいた問い合わせがあったという。効果の大きさは実感できたが、「うちは十分な入学者を確保しているので、わざわざ知名度を上げる必要はない」と慎重な姿勢だ。
 東北福祉大は歓迎ムードで、「日本人の習性として、騒がれるのはせいぜい1カ月程度の話でしょう。騒ぎはすぐに収束するはず」(広報)と楽観的だ。3校の中でも最有力とされる創造学園大は「その件については電話では答えられない」と、なぜかピリピリムードだった。

 こうした騒動に冷ややかな声ももちろんあり、ある専門学校の関係者は「仮に入学しても、実習で登校した時などに混乱なく済むのかどうか心配。女優の広末涼子が早稲田大学に入学した時もえらい騒ぎになった。結局、その後中退して早大のイメージはなんとなく悪くなった。知名度はたしかに魅力だが、いろいろなリスクも抱えることになりますからね」と話した。

 現在、介護系の学校が生徒不足に悩んでいることは知っている。酒井法子を広告塔として利用したいのも理解できないわけではない。しかし、疑問を感じざるを得ない。
 確かに、酒井法子が入学すれば知名度は上がるかもしれない。しかし、日本人は熱しやすく冷めやすい。騒ぎは一過性のものであると信じる。知名度を上げるために利用しようとするのは間違っている。知名度の上昇など一過性のものであり、再び生徒不足に悩むはずだ。まさに「覚醒剤」のようなものだ。
 仮に酒井法子が入学して、その学校の知名度が上がったとする。そうすればその学校への入学希望者は増加するだろう。しかし、介護の世界の大変さは周知のとおりである。ミーハー的な考えで入学した者が介護の世界の大変さに気付き、辞めていくことなど簡単に想像出来る。やはり、「覚醒剤」のようなものである。
 そして、私が一番危惧することは、彼女は覚醒剤を使い、逮捕されたと言うことである。やめたくても簡単にはやめられないのが覚醒剤である。彼女が再び薬物に手を出し、学校が薬物で汚染される可能性がないとは言い切れない。知名度アップのために軽い気持ちで利用したが、最終的には学校がぼろぼろになってしまう。「覚醒剤」に溺れた者の行く末に似ている。
 批判を承知ではっきり言う。酒井法子は覚醒剤を所持・使用した犯罪者である。犯罪者を何故広告塔として使おうとするのか。彼女を広告塔として利用することはまさに「覚醒剤」を使うようなものである。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広告塔という「覚醒剤」 カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる