カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 何を解放するのか

<<   作成日時 : 2009/12/13 22:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

 『産経新聞』12月13日に、「【主張】小沢氏訪中 違和感残した「解放」発言」という記事がある。
 民主党の小沢一郎幹事長は総勢600人超の大訪中団の成果について「諸君が見た通り」と記者団に指摘した。それは、胡錦濤国家主席が143人の国会議員と写真撮影に応じるなどの厚遇ぶりだった。

 その一方で、胡氏らとの会談では、東シナ海ガス田開発問題など日中間の懸案は素通りした。「政治的な課題を議論しにきたわけではない」からだという。

 小沢氏が本格的に交流事業を始めて20年以上たち、中国側の信頼を得ている意味は小さくないだろう。だが、参加者の多さで関係強化を演出し、懸案を先送りするような対応では、問題は何も解決しない。友好への過度な傾斜が相手に誤ったメッセージを伝え、国益を損なうことを危惧(きぐ)する。

 胡氏との会談では、聞き捨てならない小沢氏の発言もあった。自らを「中国人民解放軍の野戦軍司令官」にたとえ、「解放の戦いはまだ済んでいない。来年7月に最終決戦がある」と、参院選勝利への決意を示したことだ。

 総兵力約220万人を擁する人民解放軍は、天安門事件で民主化を求める学生を武力弾圧した。日本の政権与党の最高実力者がその司令官に自分をなぞらえる発言を、自由と民主主義の価値観に立つ国はどう聞くだろう。相手は一党独裁の共産主義国家のトップである。先方の政治体制におもねるような発言は、不適切だ。

 参院選を「解放の戦い」と呼んだのも感覚を疑う。チベット問題で中国政府は「封建農奴制からの解放」をうたってきた。立場によって「解放」の意味は異なることを注意すべきだし、参院選勝利でなぜ「解放」となるのか。

 一方、梁光烈国防相との会談で小沢氏は「日本でも中国脅威論という名の下に防衛力強化の意見が根強くある」と、中国の軍拡に強い懸念を表明した。小沢氏は過去の訪中でも、中台問題や歴史認識で中国側要人と論争したことがある。懸案事項を「ざっくばらんに話し合う関係」を小沢氏が実践したかたちだ。参加議員も国益を意識することになっただろうか。

 小沢氏は訪中後に訪れた韓国での講演で、在日外国人への地方参政権付与法案を来年の通常国会で成立させたい意向を表明した。憲法上の疑義があり、与党内でも賛否両論のある法案だ。関係国である韓国で、政府の既定方針のように発言するのは問題が大きい。

 小沢氏は、自らを「中国人民解放軍の野戦軍司令官」にたとえ、「解放の戦いはまだ済んでいない。来年7月に最終決戦がある」と言ったようだが、「解放の戦い」とは果たして何なのか?
 人民「解放」軍におべんちゃらを使ったのかもしれないが、相手は人民「解放」軍を使い、チベットを侵略し、あるいは民主化運動を弾圧した国である。日本と中国では「解放」の意味が違う。
 そもそも、小沢氏は何を解放したいのか。そして、なぜ、参院選が「解放」になるのか。日本人民は抑圧されていると中国に洗脳されたのだろうか。
 むしろ、参院選で民主党が敗北することが、日本が亡国へと向かう道から「解放」される、と考えるのは私だけだろうか。


よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本解放軍・総司令官 小沢一郎
民主党の大訪中団(総勢約630名)による中国共産党詣で中に、胡錦濤国家主席との会談で、小沢幹事長が発した信じられない言葉に、衝撃が走った。 ...続きを見る
風林火山
2009/12/16 17:22
輝かしい中国の歴史 【要拡散】
中華人民共和国(中国共産党独裁政権)の建国から、今年でちょうど60年。 近年の中国(China/支那)の経済発展は、世界を席巻し目覚ましい。 ...続きを見る
風林火山
2009/12/16 17:22
中共 殺戮の歴史 前編
前回の記事、「輝かしい中国の歴史」は、中国共産党60年の歴史のうち、一部分の概略を伝えただけであった。実際は、中国共産党、一党独裁による恐怖政治の策略とその詳細は、語りつくせないほどある。 ...続きを見る
風林火山
2009/12/16 17:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何を解放するのか カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる