カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 神頼みもいいが・・・・

<<   作成日時 : 2010/01/25 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『東海新報』1月24日のコラム「気仙坂」に「ゲン担ぎと神頼み」という記事がある。
 入試シーズンといえば一月から三月上旬と、日本では一番寒い時期にあたる。中には体調を崩して受験本番で実力を発揮できなかった先輩たちも少なくない。さらに今年は、新型インフルエンザで学級閉鎖や学校閉鎖が相次ぎ、その影響を受けている人も多いのではないか。
 連日連夜、ねじり鉢巻きで勉強をしている受験生たちの努力、それを温かく見守る家族の人たちの苦労はいかばかりであろうか。まずは、体調万全で臨み、無事、難関突破することを願いたい。
 本格的な受験シーズンを迎え、巷ではゲン(縁起)を担いだ合格グッズが受験生の人気を集めているという。
 先日も、「すべらせない砂」入りの合格祈願お守りがJR釜石駅で受験生に無料配布されたことが、本紙の広域トピックス欄で紹介されていた。列車の車輪をすべらせないようにレールにまく砂が入った特製のお守りで、砂は市内の神社で祈祷されたものだ。
 JR大船渡線でも今年の初詣に合わせて、一関市川崎町門崎の常堅寺というお寺で「滑り止め砂」と、めでたい合格の知らせの「サクラサク」にちなんで桜をあしらったお札を入れたお守り袋を配り、評判を呼んだ。
 この季節、すべり止めの砂は、全国各地で引っ張りだこらしい。岡山県では、路面電車のレールにまく滑り止め砂を入れた「お守り砂」の小瓶を絵馬型の袋で包み、千個限定(一個五百円)で販売したところ、二週間足らずで完売した。
 お守り砂を瓶詰めにして携帯電話ストラップにしたのは鳥取県の「若桜(わかさ)鉄道」。北海道の帯広競馬場では、今月から「滑り止め」の凹凸がついた競走馬の蹄鉄をお守りとして販売しているというから商魂たくましい。
 こうした、ゲン担ぎ商品は、台風でも落ちなかった青森県の「合格リンゴ」が有名だ。チョコレート菓子「キットカット(ツ)」、スティック菓子「Toppa(トッパ)」なども中高生の間で今も人気とか。最近は、「置くとパス(合格)する」タコや、「縁起他抜(たぬき)」、合格祈願の干し納豆には「ねば〜ねば〜GIVEUP!」のキャッチコピー付きのものもあるらしい。
 今年は、坂本龍馬ブームにあやかり、高知県では龍馬の合格祈願鉛筆なるものも登場。五角(合格)形の鉛筆には、「あせらず、たゆまず、おこたらず」「人に頼るな、自分でなせば叶う」「困難に打ち勝て、自信は努力から」などのメッセージが刻まれている。
 龍馬の如く、と言いたいところだが、いざという時の「神頼み」は受験生の常識。先日も、ある取材で陸前高田市内の神社に行ってみると、おびただしい絵馬が神前にかけられていた。
 その絵馬に近づいてみると、受験生が必死の思いで合格祈願の文言を書き込んでいる。中には、受験する学校名をすべて並べて、「どうかこの中からひとつでも合格させてください」というちゃっかり者もいた。
 受験生にとって“試練の春”は、それこそ神や仏にすがりたくなるほど厳しいものであろうが、そこにはもう少し受験生の自主性、主体性があってしかるべきではないか。ただ、闇雲に「合格させて」だけでは、神様も戸惑ってしまう。
 どうして、そこを受験したいのか、志望校に合格したら何をどのように勉強したいのか、具体的にこうした主体性のある願い事は、どんなに絵馬が多くても、神様はちゃんと気が付いてくれるはずだ。
 神社は、ただすがりにいくところではない。自分の願いが現実のものとなるよう、その思いを宣言しに行くところ。改めて自分の気持ちも引き締まる。シャレのゲン担ぎは良しとしても、神頼みだけは真剣に祈願してほしいものだ。合格を祈る。(孝)

 センター試験も終わり、国立大学の出願も始まり、いよいよ受験シーズン本番である。私立大学では試験が始まっているところも多いだろう。私も昨年は受験生であったが、直前に勉強が手につかなかったことなど、今となっては良い思い出である。
 毎年、受験シーズンが近くなると出てくるのが合格グッズである。定番は「キットカット」あたりだろうか。列車の「滑り止めの砂」もなかなか有名である。逆に、受験前に「落ちる」とか、「滑る」とかといった言葉を連発していたと言う友達もいる。まあ、その辺は気持ちの問題だろうか。
 そして、次は神頼みである。確かに、受験が近づけば神仏にすがりつきたくなる。しかし、普段信仰心の無い者が受験直前にのみ神様にお願いをしても聞いてくれるのだろうか。これも所詮は気持ちの問題か。
 必要なのは、日々の神仏を敬う心、日々の努力、そして記事にもある、主体性のあるお願い事、これらが揃っていれば神様もお願い事に気付いてくださるのではないだろうか。あとはそれを信じ、やり抜く心であろうか。
 受験生活もあと一息である。これを乗り切れば四月からの楽しい大学生活が待っている。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神頼みもいいが・・・・ カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる