カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 二眼レフを持って・・・

<<   作成日時 : 2010/01/31 20:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

 先日、『大人の科学 Vol.25』の付録の二眼レフを持って撮影に行ってきた。買ったのは11月始めで、買ってすぐに作ったのだが、フィルムを装填し、撮影したのは1月の終わり。危うく作るのを楽しむだけで終わるところであった(笑)。
 写真を見ていただければ分かるが、名前の通り、二眼レフカメラにはレンズが二つついている。上のレンズがピント合わせ用、下が撮影用のレンズである。ピント合わせと撮影を一つのレンズで行う一眼レフカメラと違い、視差(パララックス:ファインダーを通して見た範囲と実際にフィルムに写る範囲の差)が生じる。
 実際撮影してみると、なかなか難しく、また面白い。ピントグラスを見てピントを合わせるのだが、像は左右反転しており、向けるべき方向をよく間違える。例えてみれば顕微鏡の像と同じである。
 実際に現像、プリントして見てみると、プラスティックレンズの特性上、真ん中あたりはそれなりにピントが合っているが、周辺は流れている。『大人の科学』にも載っているが、ミニチュア写真に挑戦してみると面白いだろうと思う。また、逆光に弱いので逆光で撮るとこれもまた面白い写真が撮れる。トイカメラを持っている友人も多かったが、今回初めてトイカメラに挑戦してみたのだが、なかなか面白そうである。所詮おもちゃと低く見ていたのを改めたい。
 一眼レフと違い、機動性も速写性も無いが、たまにはこの二眼レフカメラを片手に街をぶらぶらしてみたくなってきた。何か新しい発見がありそうである。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二眼レフを持って・・・ カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる