カメラの有る日常

アクセスカウンタ

zoom RSS Nikon F4

<<   作成日時 : 2010/02/28 20:52   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 やはり買ってしまった(笑)。
画像

 
ニコンF4(昭和63年発売)

 
画像

 露出補正はもちろん、電源スイッチにもロックがある。よく言われることであるが、ニコンのカメラはファインダーをのぞいた状態で露出補正をするのが難しい。「PH」とは水素イオン濃度・・・ではなく、高速プログラムモード。なお、マニュアルレンズ(非CPUレンズ)を装着した場合、絞り優先オートかマニュアルでの撮影になる
画像

 F5、F6にも受け継がれている巻き戻しクランク。万が一の場合にもフィルムを巻き戻し、取り出すことができる。また、巻き上げられているのが確認できるので、安心感がある。
 巻き戻しクランクを持ち上げると裏蓋が開くのだが、これにもロックがついている。かばんなどから取り出すときに引っかかって開いてしまう可能性もあるので、これは良いのであるが、ISO感度のダイアルにもロックがついている。ニコンらしい堅実さ、と言えば聞こえは良いだろうか。
画像

ファインダーは取り外し可能

画像

 ファインダーを取り外し、覗き込むとこのように見える。なお、前に述べた二眼レフもこのような感じで見える。

 実際に使用してみたが、確かにマニュアルフォーカスレンズを装着してもピント合わせが容易である。マニュアルカメラと同じようにピント合わせができる。評判の悪いオートフォーカスのスピードであるが、それほど不満ではない。
 他のサイトでも述べられているが、シャッター音と巻き上げ音が心地よく、何度でもシャッターを切りたくなってしまうカメラである。
 テスト撮影してみたが、露出計やシャッターにも問題は無いようである。デジタル一眼を買い、フィルムカメラの出番は少なくなるであろうと考えていたが、まだまだ出番は多そうである。

よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nikon F4 カメラの有る日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる