Nikon F4 ~その2~

 レポートに追われたりで、気付いたら一ヶ月ほど更新していなかった。今回は購入して3ヶ月ほどになるNikon F4の話題。  F4を購入して3ヶ月ほど。フィルムを何本も撮影した上での感想を述べてみたい。なお、オートフォーカスレンズはほとんど使わず、マニュアルフォーカスレンズばかりなのでオートフォーカスについては評価しない(できない)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何も作れない、何も売れない

 『毎日新聞』5月18日に、「こんにゃくゼリー:形状など法規制困難…消費者庁対応班」という記事がある。  ミニカップ入りこんにゃくゼリーによる窒息死亡事故が相次いだ問題で、消費者庁の食品SOS対応プロジェクトのリーダー・泉健太内閣府政務官は18日、会合後の会見で「データの蓄積なしに法規制するのは非常に難しい」と述べ、ゼリーの形状などに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライターに罪は無い

 『毎日新聞』5月15日に、「社説:ライター改良 「子供の命」優先すべきだ」という記事がある。  子供がライターをいじっていて火事になり、命まで失うケースが相次いでいる。ライターの製造・販売に規制がなく、簡単に火をつけられる使い捨て式などが野放し状態になっていることが背景にある。  経済産業省の審議会部会は今月中にも新たに規制を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100系引退

 『読売新聞』5月8日に、「2012年春 「こだま」100系引退」という記事がある。  東海道、山陽新幹線の2代目車両で、「こだま」として運行を続けている「100系」が2012年春、引退する。  九州新幹線鹿児島ルートの全線開通(来年3月見込み)により、新大阪―鹿児島中央間を最高時速300キロで直通する「さくら」の新型車両が大量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩は巣に帰る

 『東海新報』4月30日のコラム「世迷言」に次のような記事がある。  県外と思わせておいて現行計画地の辺野古に舞い戻るというのはさすが帰巣本能。迷える小鳩ははなから迷うことなどなかったのだ。でも、沿岸部でもない、陸上部でもない、海上部に滑走路をつくるという苦肉の策も独自色を出したとはいいかねよう▼キャンプ・シュワブ(名護市辺野古)の沿…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

loopyの意味

 『産経新聞』4月28日に、「鳩山首相は「現実から変に遊離した人」 米紙コラムニスト」という記事がある。  【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは28日付(電子版)で、さきの核安全保障サミットで、鳩山由紀夫首相を「最大の敗者」と皮肉ったコラムニスト、アル・ケイマン氏が、首相を「ルーピー(loopy)」とした真意は、「愚か」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師より作家がお似合い

 『SAPIO』(小学館)5月12日号のスペシャルリポート、「詭弁を弄する悪い奴ら」という特集の中に、「「不起立教員のジャンヌ・ダルク」いまだ戦闘中  国旗・国歌の強制はオウムのマインドコントロールと同じだって」という記事がある。  この記事では、入学式・卒業式での国歌斉唱において起立しない「不起立教師」の実態や言い分を取り上げている…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

外国人看護師問題に思う

 『毎日新聞』4月15日に、「社説:外国人看護師 閉め出し試験の愚かさ」という記事がある。  経済連携協定(EPA)に基づきインドネシアとフィリピンから来日している受験生が初めて看護師国家試験に合格した。ただし、わずか3人。両国の受験者は254人で、合格率は1・2%だ。一方、日本人の合格者は約9割に上る。外国人受験生にとっての壁は、難…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暇な人もいるものだ

 『読売新聞』4月2日に、「「みんなのうた」に不適切映像…DVD回収へ」という記事がある。  NHK「みんなのうた」の楽曲「コンピューターおばあちゃん」に不適切な映像が含まれていることがわかり、NHKは2日、映像を手直しすると発表した。  この曲は、バイクに乗って宇宙を疾走する「おばあちゃん」のアニメーションが使われ、1981年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千鳥ヶ淵へ

 先週、九段へ行った際、千鳥ヶ淵戦没者墓苑にも行ってきた。  「参拝」とは、「社寺に参って神仏を拝むこと」(広辞苑)である。確か、ここは無宗教と聞いているが、「参拝」というのはどういうことだろうか。  休日の昼でもこの程度の人数である。平日の昼に靖国神社に行った際はこれとは比べ物にならないほどの人数であった。民主党政権で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

九段にて

 4月4日の拙稿において、靖国神社へ行ったことを述べたが、その際、少々疑問を感じたことがあった。それは、確かに靖国神社は桜の名所である。それを疑う人はいないであろう。しかし、花見をして盛り上がる場所としてふさわしいか、ということである。  各戦場から持ってきた石を飾っている場所が物置と化している。  屋台に囲まれた記念碑。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九段の桜

友よわが子よありがとう 誉の傷の物語   何度聞いても目がうるむ あの日の戦に散った子も   今日は九段の桜花  よくこそ咲いて下さった   (「父よあなたは強かった」4番 昭和13年 朝日新聞懸賞募集歌) 貴様と俺とは同期の桜  離れ離れに散ろうとも 花の都の靖国神社  春の梢に咲いて会おう (「同期の桜」5番 昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ座間へ④

 「桜祭り」に行ったのに桜の写真を出していなかった。これでは花より団子である(笑)。  御覧のとおり、満開であった。天候もよく、まさに絶好のお花見日和であった。  桜の下で花見をしている家族連れを見ると、ここが米軍基地であることを忘れてしまいそうであった。前回訪れた際も感じたが、周りに書かれているのは英語ばかりである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ座間へ③

 米兵のバンドによる演奏。一番上の写真が霞んでいるのは屋台からの煙のせいか、それともフレアだろうか。  どこか日本語に違和感があるのは気のせいか。  今回、唯一並んで食べてみたファンネル・ケーキ。2、30分並んだが、なかなかの味であった。  フリーマーケット。売っているものは日本のフリーマーケットと大差ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ座間へ②

 「Cherry blossom festival」、すなわち「桜祭り」である。「Fun entertainment」は「楽しい出し物」であろうか。  前回、キャンプ座間に行った際にもAnthony's Pizzaはすごい行列であったが、今回もすごかった。会場を歩いていてもここの大きな箱を持っている人が大勢いた。並ぶ気にもなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ座間へ

 本日、4月3日はキャンプ座間桜祭りであった。キャンプ「座間」というが、敷地のほとんどは座間市ではなく相模原市らしい。    小田急線の相武台前駅で下車し、キャンプ座間に向かうのだが、駅前の時点で行列ができていた(写真は帰りに撮ったもの)。  相武台前駅に到着したのは10時半ぐらいであったが、ゲートまで一時間以上かかった。(確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主主義を守れえっ!(笑)

 『しんぶん赤旗』3月19日に、「憲法にそむく「名古屋市議半減」に反対し、民主主義を守りましょう 日本共産党愛知県委員会」という記事がある。  日本共産党愛知県委員会が18日に発表したアピール「市民のみなさんに訴えます―憲法にそむく『名古屋市議半減』に反対し、民主主義を守りましょう」の全文は次の通りです。(中略)  市民のみなさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢と希望

 先日、私用で相模鉄道(相鉄)を利用したときのこと、中吊りでゆめが丘→希望が丘、希望が丘→ゆめが丘の乗車券を見た。(相鉄の鉄道グッズ)  拙稿でも取り上げた、受験シーズンに流行る、げん担ぎ商品であろうが、ふと思った。夢も希望も同じようなものではないか、と。  『広辞苑』で「夢」を引いてみると、「将来実現したい願い。理想」、同じく「希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP+へ⑤

 タムロンブースでは、矢野直美氏と広田泉氏による鉄道写真についてのトークショーが行われていた。また、キヤノンのブースでも、広田泉氏によるトークショーが行われていたようであるが、見損ねた。   そして、CP+に行った最大の理由である、写真家の中井精也氏によるセミナー、「鉄道写真を撮る楽しみ」。  中井精也氏は、ブログ「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CP+へ④

   続いては車屋のようなシグマのブース。  APO 200-500mm F2.8。まさに大砲である。カメラがおまけのように見える。一体どのような人が使うのだろうか。ちなみにお値段は250万円。  日本カメラ博物館ブースでは、昭和30年代のカメラの展示が行われていた。そこで展示されていた名機ニコンF。  御苗場(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more